ニキビ治療のコラーゲン誘導療法とは?どんな原理?

頑固な大人ニキビのケア

ニキビについて話そう

話そう

コラーゲン誘導療法の効果

ニキビが悪化してしまうと患部が炎症を起こして
症状が悪化し、最悪の場合皮膚細胞の破壊によって
色素沈着やクレーターと呼ばれる跡が残る可能性があります。

跡が残る


色素沈着の場合は、肌のターンオーバーがきちんと行われれば、
時間の経過と共に色が薄くなっていくのですが、クレーターの場合は
皮膚に目立つへこみが残ってしまうので、セルフケアでは
綺麗にニキビ治療を行うことが出来ません。


そこで注目されているのがコラーゲン誘導療法と呼ばれるニキビ治療です。
ニキビ跡を改善していくには、ターンオーバーにおける肌の入れ替えと
真皮深層までコラーゲン造成を促し、ニキビ跡の部位の瘢痕組織を
肌の内側から改善していく必要があります。


この施術を受けると、肌内部でコラーゲンが造成され肌の内側からふっくらと盛り上がり、
クレーターなどの目立つ跡を綺麗にすることが可能です。

医療機関で行われているニキビ治療ではコラーゲン誘導療法を積極的に
取り入れることで、痛みが少なくダウンタイムも最小限に抑えて、
跡を綺麗にしていくことが可能です。

 

マイクロスパイクの効果

ニキビ跡を綺麗に治療する方法は様々あり、特にレーザー機器を利用した施術は
効果的に皮膚の置換を行うことができるため、短期間でニキビの改善を
目指すことができるメリットがあります。


ただレーザー機器を利用した治療は施術後のダウンタイムが長くなりやすく、
顔に出来てしまったニキビ跡の治療後は、仕事など日常生活に影響が出る可能性があります。

そこでダウンタイムが少ない方法として注目されているのがダーマーローラーなどを活用した方法です。


この施術はマイクロスパイクの働きによって肌に強力なコラーゲン造成を誘導し、
ニキビの治療をはじめニキビ跡、シワやたるみの改善、ストレッチマークを改善させるなど
幅広い肌トラブルを解決することが出来る効果があります。

綺麗な肌に治る

施術の方法はマイクロスパイクを高速に上下運動させて、肌に細かな傷をつけていくことで
急速に肌は修復状態になり、コラーゲンが再構築されることで出来た傷は速やかに修復されます。


この働きによって皮膚内部のコラーゲン量が増加し、ニキビ跡を肌の内側から
改善することが出来るのです。