にきび治療の満足度について

頑固な大人ニキビのケア

ニキビについて話そう

話そう

にきび治療の満足度

にきび治療は、ドラッグストアで自分で薬を買って行うこともできますが、なかなか合うのもが見つからないなどのデメリットがあります。

効果が出ないと、満足度にはつながりません。

病院で行うにきび治療は、医師の診察のもと薬が処方されますので、症状に合わせることができます。
薬には飲み薬と塗り薬があり、炎症を起こしているにきびに抗菌剤や
毛穴のつまりを取り除く薬などがあります。

にきびの薬の違い

 

初期のにきびと炎症を起こしているにきびでは、同じにきびでも症状が違うため
薬も違うものが処方されます。


また、病院ではにきび治療として、専用の器具を使って物理的ににきびを取り除く治療もあります。

薬と物理的にきび治療を併用する場合もあります。

どれも、にきびの状態を診て医師が治療してくれるので、効果が高く高い満足度につながります。

 

にきびは長期的に治療を続けることで改善が見込まれますが、おおよそ三カ月は治療期間がかかります。
すぐににきびがなくならなくても焦らずに治療を続けることが大切です。

 

にきび治療と医療費控除


3ヶ月ほどはかかるとはいえ、出来てしまったにきびを短期間で綺麗に治したいと
考えた場合には、やはり皮膚科などのクリニックでのにきび治療が最も有効です。

 

にきび治療というのは、にきび自体を治す治療の場合、保険適用となりやすいのに対し、
にきび跡などを消すといった美容目的の治療の場合、保険適用外となり、自由診療となるのが一般的です。

保険の対象

 

それと同じように、医療費控除でもにきび自体を治すにきび治療は対象になりやすいのに対し、
美容目的で行った治療に関しては、その対象にならない可能性が高くなります。

実際に、どこまでが対象になり、どこからが対象にならないかは税務署の判断にも
よりますから、控除の対象になるかどうか不安があれば、申告の際に相談をしてみるのがお勧めです。

 

大きな違いは目的が美容か、医療行為かというところにあるようです。
しかしその判断は素人には尽きません。
ですので、やはり医師への相談がより確実となります。

保険や医療費の控除はにきびのように治療回数の多いものでは
大きな金額の違いに繋がるので、気にしてみると良いでしょう。